医薬品の通販規制があるのは日本だけ

日本では2009年に医薬品の規制が大きく変化しました。
それまで特に規制がなかった商品でも、副作用などの危険性がある事を危惧して、多くの薬が薬剤師がいる薬局でしか販売できなくなったのです。
すべての医薬品は第一類・第二類・第三類の3種類に分類され、そのうちの第一類と第二類は通販サイトによる販売を一切禁止されてしまいました。
これに伴い大きな打撃を受けたのはもちろん通販サイトの運営者側ですが、実は私たち消費者も大きな打撃を受けたのは言うまでもありません。
薬というのはただ単に病気を改善するためだけではなく、自分自身のコンプレックスを改善するという用途にも使われています。

しかし多くの人はそのコンプレックスを知られたくないと感じているのです。
ところが薬剤師と対面でしか購入できなくなったことにより、そのコンプレックスを人にさらさなければならなくなり、誰にも知られずに気軽に薬を手に入れるという事が難しくなってしまいました。

これは私たち消費者にとって、とても大きな打撃となります。
ただこの事実を嘆く必要はありません。
なぜなら規制がされているのはあくまで日本国内の話であり、海外ではこのような規制はないのです。
そこで最近になって大きな話題を呼んでいるのが、海外医薬品の個人輸入です。
輸入というととても大げさな感じがして、素人には難しいのではないかと遠慮しがちですが、輸入代行業者という業者があり、間に立って取引をしてくれるので心配はいりません。
輸入代行業者を利用した個人輸入の方法はとても簡単で、業者のサイトから欲しい商品を選択して購入ボタンを押すだけです。

通常のネットショッピングのように支払方法やお届け先を記入すれば終了ですので、英語のわからない人や輸入なんてしたことないという人でも問題なく取引ができるのです。
しかも海外の医薬品は日本と違ってとても種類が豊富で、自分の細かい症状や要望に合わせた薬を見つけることも可能ですし、ジェネリックも進んでいるので安価で手に入れることもできます。
たとえばAGAの改善薬では、日本はプロペシアとリアップしか取り扱っていないのに対し、海外ではフィンペシアやエフペシアなどの安価なジェネリックも多数販売されていますし、ED治療薬もバイアグラやレビトラだけでなく、シラグラやカベルタ・タダシップなど多種多様な治療薬があるのです。

もちろん個人が使用するという用途や目的でしか輸入はできませんが、医師の診察を受けることなく、さらには薬剤師の説明を受ける必要もなく手の入れられるのは、通販ならではのメリットといえるでしょう。

日本では規制が厳しくなりましたが、こういった個人輸入を利用すれば、前よりも便利でお得に医薬品を手に入れることができるというわけです。
コンプレックスを知られるのが怖くて病院や薬局に行くことができないと感じているのなら、ぜひ個人輸入を利用してコンプレックスの改善を試みてはいかがでしょうか。